« 亀戸大根と花菖蒲 | トップページ | 権現堂堤のあじさい »

青梅石窯パン買い出し紀行

2008.06.07
 Nashさんから青梅市富岡に石窯で焼いているパン屋があると聞き、行かれたことのあるNashさんに案内してもらうことにした。
 今回はNashさんのMC-1に合わせて私も折りたたみ自転車のHelios-SLで出掛けた。
80607818 京王線調布駅に待ち合わせの時間より早めに着いて、足慣らしに鶴川街道を多摩川まで下り、多摩川原橋の際で多摩川CRを往来する自転車を眺めていると、道幅の狭いサイクリングロードをロードバイクが次々に凄いスピードで走り抜けていくのには驚いた。
 多摩川CRは上流も下流も道幅が狭く、ジョギングする人、犬を散歩させている人、子供やお年寄りも歩いているのでスピードを出して走るとかなり危険だ。平日ならともかく、土日はもっとスピードを落として走ってほしいものだ。
 午前10時半に調布駅前でNashさんと合流し、甲州街道→新奥多摩街道と進み、拝島から東京環状に入って北上。米軍横田基地を過ぎてから岩蔵街道を辿り、富岡の集落の奥にある「石薪窯パン&ケーキ 麦(muji)」に到着した。
806078228060782580607820

 




 店の中庭に自転車を置き額の汗を拭いていると女将さんがハーブティーをご馳走してくれた。
 日傘の下に座ってハーブティーを飲んでいると山側からスーッと涼しい風が吹いてきて、気持ちがよくてしばらく席から離れられなかった。
 工房風の店の中に置かれた小型の石窯で焼かれたパンはちょっと色黒で、プレーンとレーズンの2種類。ケーキはリンゴ、バナナ、かぼちゃ、にんじん、黒ごまの5種類。その他にクッキーとラスクもあった。
8060782480607823 NashさんはRIXEN KAULのバスケットに入るだけパンを仕入れ、私はジャージの背中のポケットしか荷物入れが無かったのでかぼちゃのケーキを1本だけ買った。
 正午を過ぎていたがまだ昼食を取っていなかったので飯能市前ヶ貫まで足を伸ばして、Nashさんお薦めの「ゆいまあみい」というスリランカ、ジャフナ地方の家庭料理の店でカレーのセットをいただいた。
 ここも日傘の下の特等席で、お腹がいっぱいになるとこのまま昼寝したいと思うほど寛げた。
 帰りはNashさんのハイペースにはさすがについて行けず、無理はせずにマイペースでペダルを踏んで追いかけ、JR中央線の立川駅でNashさんと分かれた。
 今日の走行距離の合計は80km程か。Helios-SLは高速走行や登坂でも期待に応えてくれてたが、ギヤチェンジの回数が多かったせいかシフトワイヤーが伸びたらしく、後半はディレイラーの動きが悪くなった。

|

« 亀戸大根と花菖蒲 | トップページ | 権現堂堤のあじさい »

コメント

どうもお疲れ様でした!
久しぶりに旨いパンにありつくことが出来ました。どうもガテンが行かないのが例の転倒です。実は鎌倉駅集合の前にも似た感じの転倒があったのです。もしかしたらタイヤの特性(?)かもと疑っています。

投稿: Nash | 2008.06.12 00:14

Nashさん、先導お疲れ様でした。
タイヤは接地の角度や速度によってグリップが無くなることがありますので、仕様を確認したほうがいいと思います。
私のHelois-SLのタイヤはスリックでサイドの腰がないので、急ハンドルを切ると腰砕けになります。

投稿: nekono | 2008.06.12 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青梅石窯パン買い出し紀行:

« 亀戸大根と花菖蒲 | トップページ | 権現堂堤のあじさい »